ABOUT

ディグオン オステオパシーについて

About Osteopathy

成り立ち

オステオパシーは1874年にアメリカ人医師A.T.スティルによって創始された自然医学です。ギリシャ語の「Osteon(オステオン)=骨、生命体の構造」と「Pathos(パソス)=病、療法」という2つの言葉からなる造語で、「生命体の構造に対する療法」を意味しています。


原則

・身体は1つのユニットである。一人の人間とは“身体・心・精神”のバランスにより成り立っている。
オステオパシーでは身体全体を一つの繋がったシステムとして捉えています。
筋肉や骨、内臓、血管、神経等、人間の身体に存在するあらゆる組織・器官は全て“膜”によって包まれ、繋がっており、立体的で複雑なネットワークを形成しています。
この“膜”による繋がりにより全ての組織はお互いに影響を与え合い、協調して働いています。
また、オステオパシーでは身体だけでなく心や精神との関わりも重要視しており、身体と心と精神が調和しバランスがとれた状態が真の健康であると考えています。

・身体は自己治癒力を持っている。
人の身体はもともと自己治癒力をもっており、怪我をしてもしばらく経つと血は止まり、傷はふさがります。また、例えば風邪を引いたときも、発熱、咳や鼻水などにより体内の雑菌を死滅させたり、体外に排出しようとします。
このもともと備えている自己治癒力を最大限に引き出すことがオステオパシーの目的の一つです。

・身体の構造(かたち)と機能(はらたき)は相互に関与している。
人の身体は、骨や内臓、神経や血管等の器官、構造体によって形成されていますが、これらの組織の構造(かたち)が歪んでしまったり変形してしまうと、当然その組織が持っている機能(はたらき)も正常に働かなくなります。逆に機能(はたらき)が低下したり異常をきたすことにより構造(かたち)に影響を及ぼすこともあります。
このように人の身体は正常な構造と正常な機能がお互いに関与して成り立っているのです。

・合理的な治療は「身体の調和」「自己調節」「構造と機能の相関」に基づいている。
オステオパシーにおいて合理的な治療を行うためには上記3つの原理原則を踏まえる必要があります。
 

考え方

オステオパシーの原則で述べたように、人間の身体はもともと自己治癒力を備えています。
ですが、以下のような要因が加わることで構造や機能に障害をきたし、治癒力が制限され、痛みや不調を引き起こします。

・骨折や転倒、交通事故などの衝撃・外力
・精神的なストレスや出生から現在に至るまでのトラウマ
・食事、生活習慣、環境要因
・慢性的な不良姿勢や小さな問題の積み重ね、など

これらの要因で、湧き水のように湧きあがるはずの治癒力がふたをされた状態になり、身体の回復力は低下し、様々な問題が症状というかたちで現れることになるのです。

上記のような理由で身体には不調が引き起こされますが、ここで重要になってくるのが、 人間の身体は“膜”によってあらゆる組織が繋がっている”ことです。この繋がりにより、問題を受けた場所から離れたところに悪影響が出ることがあります。つまり、実際に症状がでている部位ではないところに原因が隠れていることがあるのです。

例えば…

内臓が硬くなることによって内臓を包んでいる腹膜が緊張し、腹膜が付着している背骨を引っ張ることで腰痛を発症。

帝王切開の手術の傷痕が体内で癒着をおこし、臓器や膜を徐々に引っ張り、数年後に腕が挙がらなくなる、など。

これらはほんの一例ですが、実際の人の身体ではこのように痛みや症状がでている場所ではないところが原因であることがほとんどです。

オステオパシーでは、痛みや不調はあくまで結果に過ぎないと考えており、症状にとらわれることなく全身をくまなく調べ、痛みや不調を引き起こしている“真の原因”を探しだし、治療し、問題を取り除くことにより、自己治癒力を最大限に引き出します。

オステオパシーの検査や治療においても身体全体の繋がりというのは重要で、手の感覚を磨き、組織同士の連結や緊張をたどることで痛みや症状の原因を探し出したり、組織に圧をかけたり張力を加えることで離れた場所を治療したり、“膜”を介して頭蓋骨(脳)や内臓、血管、神経など全身のあらゆる組織・器官を治療することが可能です。さらに、心理的な問題やトラウマ等も考慮し、肉体以外の心や精神も調和をとれた状態を目指します。

身体の繋がりを介し、治癒力を制限している組織を見つけだし、構造に問題があればその問題を取り除き、機能が低下していればそれを回復させるように働きかけます。

つまりオステオパシーとは、身体を一つの繋がったシステムと考え、手を用いて問題を取り除くことで構造と機能を正常化し自己治癒力を最大限に引き出す治療であり、身体・心・精神が調和した状態=真の健康に導いていくことを目的としています。
 

OUTLINE

Dig-ONの概要

会社名

Dig-On.Inc

所在地

福岡市東区舞松原2-11-13 2F

TEL

092-692-5844

サイト

http://dig-on.net/

代表者

土田 圭太

営業時間

10:00~20:00

事業内容

オステオパシー
整体・柔道整復

設立

2016年